知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーであるアーカス・ジャパン株式会社 CRM事業本部の最先端CRMブログです。

Dynamics 365トライアル版(試用版)の取得方法(2021年8月版)

time 2021/08/18

こんにちは。
Dynamics 365のトライアル版取得方法に、変更がありましたのでご説明いたします。なお、正確な情報については、マイクロソフト社の公式情報をご確認ください。

トライアル版とは

トライアル版はDynamics 365のアプリケーションを30日間無料で試用できる環境です。主な用途として、導入前の検証環境やカスタマイズの検証環境などで使用します。

1つのトライアル版について、下記のライセンスが付与されています。

  • Dynamics 365 Customer Engagement Plan‎ (25‎ライセンス)

今回の記事で取得するトライアル環境では下記の機能を試すことができます。

  • Dynamics 365  Customer Service 試用版 (顧客サービス)
  • Dynamics 365 Field Service Premium 試用版 (フィールドサービス管理)
  • Dynamics 365 Intelligent Order Management(注文・在庫管理)
  • Dynamics 365 Sales Premium 試用版(営業)
  • Power Apps (Dynamics 365の拡張としてのみ)

前提条件

トライアル版の取得には、以下のものが必要になります。事前にご準備ください。

  1. メールアドレス
  2. SMSが受信できる電話番号

取得手順

取得方法は、2つの段階に分かれ、すべて1つのウィザードで完了します。

  1.  試用版Office365アカウントの取得
  2.  試用版データベースの作成

Dynamics 365 トライアル版の取得手順

(参考)シークレットモード(Chrome)・InPrivateブラウズ(Microsoft  Edge)で実施した場合、ブラウザがCookieを使用できず 途中で先に進めなくなる場合があります。

1. Microsoft Dynamics 365 の無料試用版を開始する のページを開きます。
下記の画面が表示されますので、赤枠で囲んである、Dynamics 365 Salesの「無料で試す >」をクリックします。

2.「メール アドレスを入力して無料試用版を始めましょう。」と表示されます。試用版アカウントを取得する場合は、メールアドレスを入力せず、「無料試用版を開始する >」をクリックします。

3.画面に警告が出ます。警告のメッセージの下に表示される「ここをクリックして」をクリックします。

(参考)3.の手順の後に以下のような画面が表示される場合があります。これはお使いのPCで、元々会社や学校にてOfficeアカウントを持っている場合に起きる挙動です。この場合は、「新しいアカウントを作成する」をクリックしてください。

 

4.次にこのような画面が表示されます。ここではOffice 365に登録されていないメールアドレスを入力してから「Next」ボタンを押下します。
※この記事の作成時点では、日本語のページへ切替ができないため、英語のページでご説明いたします。

(参考)4.の手順の後に以下のような画面になることがあります。これは有効なOfficeのメールアドレスを入力した場合に表示されます。この場合は、「Create a new account instead」を押下してください。

 

5.「Set up account」ボタンを押下します。

 

6.次は自分の情報を入力する項目です。各項目を入力・選択したら「Next」ボタンを押下します。
※電話番号は、先頭の「0」を除いた10桁で入力してください。

 

7.ここでは認証のため「Text me」を選択した上で、前提条件で用意した電話番号を入力します。「Send verification code」をクリックします。

 

8.SMSで認証コードが送信されますので、届いたコードを入力して「Verify」ボタンを押下します。

 

9.トライアルで使用するドメイン名を設定します。使用可能なドメインの場合は「Next」をクリックします。使用できないドメインの場合は、警告が出ますので、別のドメイン名を設定します。
※ このステップでは、XXXXX@◆◆◆.onmicrosoft.com の「◆◆◆」部分を決めることになります。

 

10.トライアルで使用するユーザー名とパスワードを決定します。
ここのユーザー名がXXXXX@◆◆◆.onmicrosoft.com の「XXXXX」部分になります。規約等を確認し、「Sign up」ボタンを押下します。

 

11.アカウントが作成され、6.で入力したメールアドレスに、アカウント情報の確認メールが送付されます。
メールを受信したことを確認した後に、「Get Started」を押下します。

 

12.Power Platform管理センターの画面が開きます。画面の右側に、新しい環境の作成ウィザードが表示されます。名前に任意の環境名、種類は「使用(サブスクリプションベース)」、地域は「日本-既定」を設定します。設定が終わったら、次へを押下します。

13.データベースの設定をします。特に要件がなければ、言語と通貨は既定のままで問題ありません。URLは環境のURLを指定したい場合は入力します。入力しない場合は、ランダムな文字列が自動設定されます。
これらのアプリを自動的に展開の項目で、どのアプリを展開するか選択します。特に要件がなければ、「すべてのエンタープライズアプリケーション」を選択し、保存を押下します。

14.環境の一覧に、先ほど作成した環境が追加されます。状態が「PreparingInstance」から「Ready」になるまで数分待ちます。状態が変らない場合は、画面上部の最新の情報に更新を押下してください。

15.作成した環境をチェックして選択し、環境のオープンを押下します。

16.公開済みのアプリが表示され、選択したアプリが表示されることを確認します。

 

以上で、トライアル版の取得は完了です。ぜひ、Dynamics 365の様々な機能をお試しいただき、疑問点やお困りの点がございましたら、ぜひ弊社へお問い合せください。お待ちしております。

The following two tabs change content below.

Ayumu Numakami

「つくる事で世の中を変えたい」との思いで、IT業界に飛び込む。 Web系・金融系のを経て、2015年より Dynamics CRM の世界へ。 Dynamics の「人と人と、人と企業と、人と〇〇と」をつなげご縁を 作り出す可能性にワクワクしながら、日々の業務に取り組んでいます。 最近は、「IoTとCRMと」をつなぎ面白い事ができないか考えています。

down

コメントする




アーカイブ