製品・サービス

Products

WorkflowUtility

Dynamics 365 ワークフロー・操作 を活用

『WorkflowUtility』は、四則演算や集計などの機能を提供する 「ユーザー定義ワークフローアクティビティ」 です。
業務上必要な機会が多い機能であるにも関わらず、Dynamics 365(Dynamics CRM) のプロセス(ワークフロー、操作)においてGUIで実現することができず、プログラミングの知識を必要とする開発が必要でした。また、運用・保守面においても期間、費用がかかってしまいます。
『WorkflowUtility』を導入することで、これらの問題を解消し、本質的な業務の開発に専念できます。
これは、開発、運用・保守における期間と工数の削減を可能にします。また、前述した通り 「ユーザー定義ワークフローアクティビティ」 であるため、ワークフローや操作で利用することができ、実行トリガーもそれらが提供する多様なパターンから選択することができます。

製品・サービス概要

  • 01. Operate(演算)

    ・Add:指定された2つの値を加算します
    ・Subtract:指定された2つの値を減算します
    ・Multiply:指定された2つの値を乗算します
    ・Divide:指定された2つの値を除算し、商を取得します
    ・Modulate:指定された2つの値を除算し、剰余を取得します

  • 02. Aggregate(集計)

    Average:関連のN側の指定されたフィールドの平均値を取得します
    Count:関連のN側のレコードカウントを取得します
    Max:関連のN側の指定されたフィールドの最大値を取得します
    Min:関連のN側の指定されたフィールドの最小値を取得します
    Product:関連のN側の指定されたフィールドの合計(積)を取得します
    Sum:関連のN側の指定されたフィールドの合計(和)を取得します

  • 03. Utility(その他)

    ・GetGuidString:レコードのGUIDを取得します
    ・CloneRecord:レコードのコピーを作成します
    ・Match:指定された正規表現と一致するかどうかを判定します
    ・SplitDateTime:日付と時間の値をを分割(和暦、年月日、時分秒など)します

  • 04. Converter(変換)

    ・ToNumber:文字列を数値型に変換します
    ・ToDateTime:文字列を日付型に変換します
    ・ToUpperString:文字列をすべて大文字に変換します
    ・ToLowerString:文字列をすべて小文字に変換します
    ・ToFullWidthString:文字列をすべて全角に変換します
    ・ToHalfWidthString:文字列をすべて半角に変換します

  • 対応バージョン

    ◆ Dynamics CRM 2016
    バージョン 8.0 以降(オンライン、オンプレミスに対応)
    ◆ Dynamics 365
    バージョン 8.2 以降(オンライン、オンプレミスに対応)

  • 提供方法

    Dynamics 365(Dynamics CRM)のマネージドソリューションによる提供となります。

アーカス・ジャパン株式会社への
資料請求、お問い合わせはこちら

受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)