知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRM リーディングカンパニーであるアーカス・ジャパン株式会社 CRM 事業本部 の最先端 CRM ブログです。

【Japan IT Week 秋】にEMOROCOとCRMアダプター、CRMIntegratorを出展します!

time 2018/10/12

こんにちは、松原です。

昨年のJapan IT Week 秋では有償の専門セミナーの【CRM】のコマで講演していましたが、今年はWeb&デジタルマーケティングEXPOに出展することになりました。

出展社ページ:https://d.japan-it.jp/ja/Expo/4738495

 

ブースはおもてなしの優しさをイメージしたEMOROCOの製品カラー(深緑)に統一しています。
森林に囲まれてるような居心地の良さを感じていただけると思いますので、是非とも一度足をお運びください!!

ちなみに、私は3日間ずっとブースにいますが、フラッと見回ってることもあると思いますので、お越しになる前に連絡いただければブースにいるようにします(#^.^#)

ブースイメージ

 

出展製品は昨年も講演で紹介した世界初の人工知能(AI)搭載型CRM【EMOROCO】と弊社で爆発的に売れている【CRMアダプター】と【CRMIntegrator】になります。

EMOROCO:https://crm.emoroco.com/

CRMアダプター:https://www.arcuss-japan.com/products/msdcrmadapter/

CRMIntegrator:https://www.asteria.com/jp/warp/partner/subscription/artisan.php

【EMOROCO】はすでにリリースしてから3年以上経っているわけですが、当時はまだ人工知能(AI)もそれほど主流でもなく、まだまだ関連製品も多くない時期でした。今でもまだ機能特化型人工知能(弱いAI)における製品しかない中で、EMOROCOは疑似的とはいえ汎用型人工知能(強いAI)によってCRMを全体サポートしている製品となります。

今でも画期的と言われる製品なので、人工知能の活用が成熟してきた今年からかなり頻繁にお問合せをいただき、日本全国飛び回る日々を続けています。

将来的にCRMのデータを網羅的に人工知能で分析しようとすると、これまでの導入方法とは大きく異なるデータ管理方法が必要になりますので、まだCRMを導入されていない方はまず弊社にお問い合わせください! でなければ、人工知能全盛の時代に生き残るために、現行CRMを全てリプレースすることになります。。。

【CRMアダプター】と【CRMIntegrator】はオムニチャネルを実現する際に必要なチャネル管理であったり、基幹システムやロボティクスオートメーションで増え続ける各トランザクションシステムのデータをCRMの原理原則「1顧客=1ID」を実現するためのデータ統合を行ったりする際の手間は大幅に削減することが可能なサービスバスとなっています。CRMはその性質から市場に合わせて”変化させ続けなければならない”システムですので、CRMに対するデータ接続をスクラッチベースで一から開発するのはアーキテクチャとして絶対にやってはいけないことの代表例です。

CRMのデータ接続で【CRMIntegrator】のようなサービスバスを活用していないシステムはすでに失敗例とも言えますので、今すぐ【CRMアダプター】と【CRMIntegrator】の導入をご検討ください!

 

Japan IT Weekで多くの皆様をお会い出来ることを楽しみにしております♪

The following two tabs change content below.

松原晋啓

代表取締役社長(CRMエバンジェリスト)アーカス・ジャパン株式会社
アクセンチュア等でSE、アーキテクト、コンサルタント、インフラジスティックスでエバンジェリスト(Microsoft MVP for Dynamics CRM(現 Microsoft MVP for Business Solutions))、マイクロソフトでソリューションスペシャリスト(Dynamics CRM製品担当)を経て、現在はDynamics CRMを専門に扱うサービスチームを率いて大小様々の企業のCRM導入や事業立上げを支援、その傍らでCRMエバンジェリストとしてイベントや記事寄稿を通じて"真なるCRM"の理念の普及に努めている。 また、プラットフォーム型CRM(xRM)の第一人者や CRM の専門家としてインタビューを受けたり、テレビのコメンテーターとして出演もしている。 【感情をITで理解するエモーショナルCRMソリューション「EMOROCO」】 取材や講演等の依頼は下記問合せよりご連絡ください TEL 06-6195-7501

down

コメントする




関連記事

アーカイブ