アーカス・ジャパンは"主客一体"の精神で顧客の成功(カスタマーサクセス)をサポートします

経営陣紹介

松原晋啓(Nobuaki Matsubara)

松原 晋啓(まつばら のぶあき)

代表取締役社長
CRMエバンジェリスト

プロフィール
国内システム会社にてオープン系システムエンジニアおよびシステムアーキテクトを経験後、世界最大のコンサルティング会社グループであるアクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ(現アクセンチュア)の創設メンバーとして入社。 ITコンサルタントおよびプロジェクトリーダーとしてJava/.NETチームのトップエンジニアとしていくつかのプロジェクトに参画、後にアーキテクトとしてアバナード日本法人設立の推進メンバーとしてアクセンチュアとマイクロソフトとのアライアンス強化のチームリードも経験。
アクセンチュア退職後、米インフラジスティックスの日本法人設立(インフラジスティックス・ジャパン)に参画し、執行役として経営、営業、マーケティング、社内ITの各部門を兼務で統括。 実務面では主にテクニカルエバンジェリストとしてプロダクトマーケティングに従事し、各誌への執筆やイベント/セミナー等の講演活動多数。
事業が安定期に入ったことで世界最大のソフトウェア会社の日本法人である日本マイクロソフトに転職し、Dynamics CRMチームの立上げメンバーとしてプリセールスエンジニア(ソリューションスペシャリスト)に従事。 プラットフォーム型CRM(xRM)を提唱して数々のソリューションを生み出し、新たな市場を開拓したことで、マイクロソフトワールドワイドの最優秀者に授与されるアワード(Circle of Excellence)を受賞。 CRM市場最後発でマイクロソフト初の領域(業務アプリケーション)の製品であったDynamics CRMを5年でマイクロソフトの戦略的製品のひとつに成長させることに貢献。
日本でDynamics CRMのパートナー企業が増えないことに危惧し、自らパートナーとしてスピンアウトして熟練者を集めたCRMチームを結成。 各CRMパートナーの人材を教育およびDynamics CRM市場の活性化のために、グロースハッカーとして世界最大の会計事務所グループのコンサルティングファームであるEYアドバイザリー、ベンチャー企業のFutureRays、インドBig-5企業の一角であるエイチシーエル・ジャパン等を渡り歩き、CRM事業を立上げ、CRMパートナー各社(富士通、日立ソリューションズ、NEC、NTTデータ 等)の増強に貢献。 Dynamics CRMの最後の砦としてアセスメントサービスの実施が可能な唯一のチームとなる。
アーティサン株式会社の取締役副社長就任およびCRM事業部の立上げによる事業部長兼任。また、プラットフォーム型CRMの提唱者・推進者にして第一人者としてCRMエバンジェリストを務める。
2018年3月にリベルダージ合同会社を設立し、社長兼最高経営責任者に就任。アーティサンでCRM事業を率いる傍ら、ドローンスクールのドローンインストラクターおよびドローンエバンジェリストとして安心・安全な運行を実現してドローンビジネスのデファクトスタンダードを作るべく、ITテクノロジーを活用したドローン事業を推進している。
また、2018年12月にリベルダージ合同会社にて所属する講習管理団体・無人航空機操縦士養成協会(DPTA)共に、日本で初めてドローンをビジネスで活用される産業向けドローン講習管理団体「ドローンビジネスアカデミー(UxV Business Academy:UBA」を設立し、2019年3月に国土交通省航空局の認定を取得。アーティサン(アーカス・ジャパン)もドローン講習団体のひとつとなる。
2020年7月にアーティサン株式会社から事業分割してアーカス・ジャパン株式会社を設立し、代表取締役に就任
(2020年7月現在)
座右の銘は「義を以て仁を行い、利を人に与うべし(白圭)」
技術略歴
Webテクノロジー(Java、.NETなど)、CRM全般(顧客戦略立案含む)、プレゼンテーション能力(講演登壇多数)、ビジネスデベロップメント/グロースハック(会社立上および事業立上 多数経験)、プロダクトマーケティング、主な業界知識(文教、医療、自動車、重工業など)
取得資格
XMLマスター、UMLマスター、Microsoft MVP for Dynamics CRM(2007) ※ 日本人初のDynamics CRM MVPにして、日本初の導入事例(インフラジスティックス・ジャパン)を手掛ける。

河内 祐樹(かわち ゆうき)

取締役

プロフィール

国内SIerにてMicrosoft製品を中心としたシステムエンジニアおよびシステムアーキテクトとして、Dynamics CRM 4.0から各種CRMの導入や立ち上げ、製品開発を経験後、CRM事業未経験のSIerへ転職し、CRM事業の立上げを経験。

営業部門向けやサポート部門向けの導入経験が豊富で、SFAやコールセンター向けの導入を得意としている。また、各社CRM案件のトラブル対応経験も多数あり、パフォーマンスチューニングなどにも従事。

各種実装経験を経て、標準機能や他システム連携・BIなどを利用し、ノンコーディングで顧客要望を実現する方法の検討なども得意とする。
他システム連携やBI経験もありCRMの導入から導入後のBI支援まで幅広く対応。

現在はアーカス・ジャパンの取締役に就任し、CRM事業の統括に従事している。


watanabe

渡辺 竜久(わたなべ たつひさ)

取締役(非常勤)

プロフィール

大学卒業後、国内大手証券会社に勤務し主にM&Aのアドバイザリー業務を行う。2003年、産業再生機構に入社。バス会社や専門商社、大手総合スーパーの再生支援を担当。投資スキーム・事業計画策定や財務リストラクチャリング支援などの業務を行う。その後に入社した独立系再生ファンド勤務時代には経営不振に陥った地方FM局や全国展開するクッキングスクールの常駐役員として業務改善を行い再生を果たす。2013年、地域経済活性化支援機構に入社。主に地域経済の活性化を主眼においたファンドを組成し、地域の観光業の発展に向けて宿泊事業者や地域交通機関への投資を行う観光ファンドを担当。
担当した業務の中で複数の交通機関の事業に関与した経緯もあり2019年5月、当社公共交通営業本部長に就任。その他に現在、交通事業者やベンチャー企業等のアドバイザーとして複数の事業会社の経営支援も行う。

PAGETOP
Copyright © アーカス・ジャパン株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.