知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーであるアーカス・ジャパン株式会社 CRM事業本部の最先端CRMブログです。

コロナ禍の勝ち組になる秘訣は「顧客のファン化」

time 2021/03/22

皆さん、こんにちは。

コロナ禍が始まって1年が経とうとしています。コロナ前後で変化はございましたか?

アーカス・ジャパンはこのコロナの最中である昨年の7月にアーティサンから分社する等、様々なことがございましたが、業績的には伸びたと言ってもいいかと思います。
私のラジオでも何度も話していますが、決してIT業界は影響がなかったわけでなく、多くのSIerがコロナ禍で倒産してしまっておりますので、アーカス・ジャパンももちろんその影響を受けています。
アーカス・ジャパンはサービス的に全ての業界を顧客に持っておりますため、時短営業や外出自粛で影響を受けた多くのBtoCのお客様のプロジェクトは停止し、アーカス・ジャパン的には半分のお客様のお仕事がなくなってしまいました。。。
それでも、「捨てる神あれば拾う神あり」とも言います通り、BtoBをはじめとする業界の新規のお客様から多くのお声をいただいて、減った以上の仕事を得ることが出来たというわけです。(本当にありがたい限りです!!)

そんなアーカス・ジャパンですが、実はこれまで一度として営業をしたことがありません。(セールスメンバーもいません)
これを言うと驚かれるのですが、これも秘密がありまして、その話を今回したいと思います。

アーカス・ジャパンは社名の由来「Artists for Customer Success(顧客成功のための職人たち)」の通り、CRMを専門とするプロフェッショナル企業になります。

※ CRMをご存じない方のために一言で説明すると、会計や生産管理といったバックエンドの基幹業務とは違い、顧客接点を持つフロント業務の全ての情報を統合的に管理して顧客にとって最適なサービスを提供するための経営手法になります。

CRMとはマーケティングの最上位に当たる経営手法になりますため、当然ながらCRMの専門企業であるアーカス・ジャパンもCRMの実践企業でなくてはなりません!(逆に言うと、自社でCRMの実践が出来ていない会社のCRMは嘘ばかりということになります)

CRMが出来ている状態というのは「買ってもらう」のではなく、「買いたいと思っていただく」ことです。
この状態であれば、お客様のほうからアプローチいただけるので、営業をする必要がありません。(その分、顧客へのサービスに集中出来るので、さらに経験を積んでという良いサイクルが生まれます!)
その分だけブランドと実績が必要となるわけですが、その積み上げ方にもまたやり方というものがあります。
ただ売上だけ増えて図体がデカいだけの会社にはCRM的には何の価値もありません。小さくても強い灯は消えないものです!

ではなぜ営業をしなくても売れるのかというと、その一番大きな秘密は「口コミ(紹介)」にあります。

人間というのは当事者が自己アピールしても心に響かないのに、信頼する第三者の意見はすぐに心に響くようになっています。
企業で言えば、同じ業界で切磋琢磨している会社や他の業界でも認めてる会社が成功しているとなると気になるものです。
大小関係なく一人ひとりのお客様に対して全力で対応し、高い信頼と実績を得ることが出来れば、必然と良い口コミが広がっていくものです。
そうなると営業しに行かなくても、お客様のほうから声をかけていただける状態になります。
これをマーケティング用語で「ブランディング」と言います。

そう、ブランディングを行うためには「顧客のファン化」というものが必要不可欠なのです!

本日私の知人の会社が下記のような調査レポートを発表しました。

社長105名に調査!コロナ禍の勝ち組になる秘訣は、「顧客のファン化」にあり?!
〜コロナ禍の勝ち組企業と負け組企業に見られた営業戦略の違い〜
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000006015.html?fbclid=IwAR02SCaWTf67LRKkkmwam-cjKBga5vAU4enPK-CDniU57syrrRXgqp5V4Qg

こちらのレポートでは、どのような状況にあろうと業績を伸ばせる会社というのは「固定のファン」が付いていて、口コミ(紹介)で仕事をいただける会社なのだと言うことが浮き彫りとなった形になります。
そういった会社となるためには当然やるべきことがたくさんあるのですが、少なくとも中心として必要不可欠なのが「CRM」なのです。

以前にも下記のような記事を書かせていただいたので参考としていただければと思いますが、「CRM」に関しては世界でもトップクラスの経験と実績を持つアーカス・ジャパンへ気軽にお問合せいただければと思います。
CRMは規模の大小に関係なく効果を発揮することが出来ますし、費用も安ければ数十万から効果を出すことが出来ますが、まず相談だけでも構いませんよ~(*^-^*)
あ、相談は無料です(笑)

企業と雇用を守る CRM ~アフターコロナはアジャイル経営でフレキシブルワークを実現 ~

CRMは不況に強い!!そのワケは・・・

The following two tabs change content below.

松原晋啓

代表取締役社長(CRMエバンジェリスト)アーカス・ジャパン株式会社
アクセンチュア等でSE、アーキテクト、コンサルタント、インフラジスティックスでエバンジェリスト(Microsoft MVP for Dynamics CRM(現 Microsoft MVP for Business Solutions))、マイクロソフトでソリューションスペシャリスト(Dynamics CRM製品担当)を経て、現在はDynamics CRMを専門に扱うサービスチームを率いて大小様々の企業のCRM導入や事業立上げを支援、その傍らでCRMエバンジェリストとしてイベントや記事寄稿を通じて"真なるCRM"の理念の普及に努めている。 また、プラットフォーム型CRM(xRM)の第一人者や CRM の専門家としてインタビューを受けたり、テレビのコメンテーターとして出演もしている。 【感情をITで理解するエモーショナルCRMソリューション「EMOROCO」】 取材や講演等の依頼は下記問合せよりご連絡ください TEL 06-6195-7501

down

コメントする




アーカイブ