知識創造研究室 by CRM(xRM)

CRMリーディングカンパニーであるアーカス・ジャパン株式会社 CRM事業本部の最先端CRMブログです。

間違いだらけのCRM運用!業績向上のためのCRM戦略と構築法 ~本質的な顧客管理で”個客”大航海時代を乗り切る

time 2017/02/08

皆さん、こんにちは!

先日ホワイトペーパーの公開をお知らせした際に、3月にはセミナーもやります!と告知していたかと思いますが、サイトがオープンになりましたのでお約束通り告知致します(*^▽^*)
その前に、前回のブログ記事をリンクしておきます(笑)

間違いだらけのCRM運用 ~ CRMがうまく動かないのにはワケがある ~

こちらのホワイトペーパーはCRMで誤解されている「CRM」そのものと「CRMサブシステム(SFA、MA、アフターサービス等)」の違いについて説明し、「CRM」自体を正しく運用して成果を出すためにはどうすればいいのかを書かせていただいたものになりますが、CRMシステム自体も歴史的転換を繰り返していて、部分最適化の「ベストプラクティス型CRM」から全体最適化の「プラットフォーム型CRM」へ、そして今や人工知能と融合することで本来のCRMに近い概念を実現する可能性を秘めた「パーソナライズドCRM」といった次の段階に進んでいます。

世界ではすでに「個客」を捉える戦略として「オムニチャネル」や「パーソナライゼーション」といったアプローチで成功する企業が多く生まれており、言ってしまえばどれだけ「CRM」を正しく運用しているかが生き残りのカギとなっていると言っても過言ではなく、だからこそ「CRM」に関して上記の戦略のように様々なアプローチが存在し、さらにはそれに合わせた個々のサブシステムも生まれ、それぞれのやり方で舵を切る”大航海時代”と言える状況にあると言われています。

ただ、ひとつ間違ってはいけないのが、「CRM」はあくまで全体最適化の概念ということ。
CRMサブシステムをどれだけ揃えようとも、EMOROCOのように全体最適化のCRMを導入していない場合には、全体顧客戦略からのアウトプットを、サブシステムのインプットとしないことにはPDCAサイクルが成り立たず、どれだけ投資を続けても成功には発展しません!
だからこそ、今のこの大航海時代に遭難してしまわないための道標として「パーソナライズドCRM」が存在し、アーティサン(アーカス・ジャパン)はそれに基づいて「EMOROCO」という製品を開発しました。

顧客価値主導型CRM『EMOROCO』

アーティサン(アーカス・ジャパン)とインフォテリア社では、企業が永続的に成長を続けるために必要不可欠なCRMの本質を正しく理解し、惑うことなく運用していただくために、今回のセミナーを開催することにしました。

現在の激しい競争社会で優位に立つためには必見のセミナーとなっておりますので、多くの方のご参加をお待ち申し上げております(≧▽≦)
と、言いたいところですが、人数に限りがございますので、お申し込みはお早めにお願い致します。

セミナー:間違いだらけのCRM運用!業績向上のためのCRM戦略と構築法 ~本質的な顧客管理で”個客”大航海時代を乗り切る
https://event.infoteria.com/jp/event/e170310/

それでは、当日皆様とお会い出来ることを心より楽しみにしております♪

The following two tabs change content below.

松原晋啓

代表取締役社長(CRMエバンジェリスト)アーカス・ジャパン株式会社
アクセンチュア等でSE、アーキテクト、コンサルタント、インフラジスティックスでエバンジェリスト(Microsoft MVP for Dynamics CRM(現 Microsoft MVP for Business Solutions))、マイクロソフトでソリューションスペシャリスト(Dynamics CRM製品担当)を経て、現在はDynamics CRMを専門に扱うサービスチームを率いて大小様々の企業のCRM導入や事業立上げを支援、その傍らでCRMエバンジェリストとしてイベントや記事寄稿を通じて"真なるCRM"の理念の普及に努めている。 また、プラットフォーム型CRM(xRM)の第一人者や CRM の専門家としてインタビューを受けたり、テレビのコメンテーターとして出演もしている。 【感情をITで理解するエモーショナルCRMソリューション「EMOROCO」】 取材や講演等の依頼は下記問合せよりご連絡ください TEL 06-6195-7501

down

コメントする




関連記事

アーカイブ